アレンジバージョン2

 みなさまこんばんは。sevenです。
イベントも無事終わり、商品を委託ショップさんへ納品完了。
今日は、自分の息子用のエプロンを縫っておりました。
で、エプロンを入れるバッグをスクシュのパターンをアレンジして
つくりましたので、今日は「スクールバッグ&シューズバッグ」
アレンジバージョン2のご紹介。



サイズ忘れちゃった(笑)
なにも測らず、テキトーに裁断しました。
作り方さえ分かれば、あとは自分好みのサイズにアレンジ出来ますよ。
今回はカシメの在庫が切れてたこともあって、ミシンステッチで持ち手を
押えてみました。
いい感じのアクセントになったような気がします。

今回は失敗例も載せちゃう(笑)



ちょっと油断して切り替え部分が縫いずれちゃいました。えへっ。
やっぱりちゃんと待ち針は使わないといけませんねぇ・・・。
基本ズボラなもので(笑)
焦って作ったもので・・・。ま、言い訳っすね。
失敗しながら成長していくのだ!と言い聞かせながら頑張ります。

 皆様、こんばんは。sevenです。
今日は、型紙をご購入いただきましたお客様から接着芯についての
ご質問がありましたので、私の分かる範囲でお答えいたしますね。
長文になりそうな予感(笑)ですが、お付き合いくださいませ〜。

green greenで販売しているおさんぽポーチ。
表地はリバティで制作しています。
こちらは、ドミット芯を接着してあります。
ただ、リバティは薄手なので片面接着のキルト芯では
ノリがシミ出てしまったりします。←私も失敗したこと多数(笑)
というわけで、こちらを使っております。



くもの巣状になった両面接着シート




ドミット芯

まず、生地裏に両面接着シートの片面をアイロンで貼ります。
接着シートの紙をはがして、ドミット芯の上に生地をのせて
表地側からアイロンをあてて接着します。

この方法でリバティにキルト芯を貼っております。
ちょっと手間も材料費もかかりますが(笑)
仕上がりはフワフワ〜。



こんな感じ。
側面はツイル生地なので、両面接着シートは使わず、
片面接着キルト芯を直接貼り付けてます。
普通生地のコットンは、片面接着キルト芯で大丈夫だと思いますが、
リバティやローン生地の薄手は、上記でのやり方がいいかと思われます。
ちなみにドミット芯というのは、キルト綿の片面が不織布加工されていて
縫製時に伸びたりせず縫いやすいキルト芯です。


接着芯といってもいろいろな種類があって、どれ使えばいいのー!
って思われる方も多いのでは?
私もそう!今でも接着芯をどれにしようか悩む時もあります。
で、行きついた答えは、

「自分好みの仕上がりを知ること」

フワフワが好き。
カッチリが好き。
自然な感じが好き。

人それぞれだと思うんです。
この生地にはこの接着芯!
という正解は特にないと思います。
バッグやポーチなどの小物類は、自分の好みの仕上がりに合わせて
芯は選べば良いのではと思います。
ちなみに洋服類は箇所によって適した芯があるので、手芸店などで
専門的なことが分かる方に聞くのが一番です。

ただし、生地によってはやはり合う合わないがあります。
余ったハギレなどで、一度接着芯を試し貼りしてみて
自分好みの仕上がりかを確かめるのが一番の安全策。
あとね、よく聞かれるのがアイロンの温度。
高温!
て思われがちですが、違うんですの。
中温
でよろしいのです。
高温だと、しわが入ったり綺麗に貼れない場合がほとんどです。
中温で上から体重をかけて押えてくださいね。
キルト芯の場合は、体重かけすぎると綿が
つぶれてしまうのでほどほどに。
アイロンを滑らせたらダメダメですよ〜。
そして、接着したら平らな場所で冷めるまで待ってくださいね。
ちなみに、私が通っていた洋裁学校では芯を貼って一晩置いてました。
(スーツなどを制作する場合でしたが)

芯って奥深い。
私も日々勉強です。
こんな感じで質問のお答えになったかしら?
なんだか途中から話がずれた感もありますが、お許しを。

またご質問等ございましたらお気軽にどうぞ〜。




1